「クローズアップ現代+」のちょっと補足 輸出ペットボトルの量と行き先

クロ現の放送が反響を生んでいる

5月9日にNHKが放送した「クローズアップ現代+」をご覧になられたでしょうか。番組のテーマは「ペットボトルごみがついに限界!?〜世界に広がる中国ショック〜」。番組の担当ディレクターさんから、堀にも幾度か問い合わせがありました。スタジオには、今年度から京都市ごみ減量推進会議(堀の職場)の委員に加わってもらった原田禎夫さん(大阪商業大学准教授)がゲストとして招かれました。
ペットボトルごみがついに限界?NHKWEBより

番組では,昨年末から実施された中国の廃プラ禁輸により、中国に廃プラ輸出していた国々は、国内で回収した廃プラの持って行き場を失い、たいへんな状況になっていることが紹介されました。中国への最大の廃プラ輸出国は日本で、日本国内でも、行き場を失った回収ペットボトルが、相当な量にのぼることも紹介されました。

回収ペットボトルの「輸出」はどれだけ?

この番組を見て、国内で回収されたペットボトルを含むプラスチックが、海外に多く輸出されていたことに驚かれた方も多いと思います。25分の番組のため、伝えきれていないものもあるでしょうし、ペットボトルリサイクルの背景について、このブログで補足的に紹介いたします。
まずは,実際にどれだけ「輸出」されているのか、見てみましょう。

リサイクルの内訳(2016)図1

PETボトルリサイクル推進協議会が公開している資料1によれば、2016年度の日本国内でのペットボトルの販売量(ボトルに成形された樹脂の重量)は、約60万トン。うち50万トンがリサイクルされていて、リサイクル率は83.9%と発表されています。リサイクル量50万トンのうち、約28万トンは日本国内でリサイクルされていますが、残り22万トンは海外に「輸出」されてリサイクルされています。割合にして44%ですから相当な量です。これだけの量の受け入れ先がいつまでもあるわけがないと、堀ブログの過去記事でも書いてきました。

中国に輸出している回収ペットボトルの量

では、中国にどれだけの廃プラ,廃ペットボトルが行っているのでしょうか。今年(2018年)2月19日にNHK・BS1で放送された「中国 資源ごみ輸入禁止の波紋」では、日本から海外に「輸出」される廃プラは,全体で140万トン超。その72%が中国向けと報じられていました。
ペットボトルの輸出先と量に言及した資料はないでしょうか。公益財団法人日本容器包装リサイクル協会が、平成29年4月11日に開催した「第1回ペットボトルリサイクルの在り方検討会」で配布した資料2には、「市町村独自処理の一部、事業系の大部分の廃PETボトルは中国(香港含む)へ輸出されている。実績として平成28年(2016)23万トン。」と記載されています3。この資料からは、ペットボトルに限ると、ほぼ全量が中国行き(香港含む)と読み取れます。

きれいな容器だけが「輸出」されているわけではない!

よく「日本で回収されたペットボトルはきれいで、ごみを輸出しているのではなく、資源輸出だ」と言う人がいます。日本から輸出されるペットボトルは,他国のものと比べて,塩ビ系ボトルをはじめ、異物混入が少ないと言われています。ですが、下の表を見ると、海外向けペットボトルの9割以上が事業者回収であることがわかります4。スーパーの店頭や自販機横のボックス、交通機関などで回収されたものですので、洗っていないもの、飲み残しが入ったものなどもあるでしょう。「きれいな容器だけが輸出されている」とは言えず、「ごみ」としか形容できないものも含まれていることでしょう。やはりいつまでも何十万トンもの廃ペットボトルを輸出し続けるのは,無理の多いことだと思います。

次回は、ペットボトルボトルの用途で何が多く、何が増えているのか、紹介します。
PETボトルリサイクルの内訳(表2016)表1

参考
第27話 ペットボトルリサイクルの海外依存率上昇(2017年9月7日)
第28話 中国の廃ペットボトル輸入禁止について(2017年9月28日投稿)

※1 PETボトルリサイクル推進協議会、統計データ。リサイクル率の算出より
http://www.petbottle-rec.gr.jp/data/calculate.html 図の作成は筆者

※2 公益財団法人日本容器包装リサイクル協会
http://www.jcpra.or.jp/news/tabid/101/index.php?Itemid=1684
「資料2 ペットボトルリサイクルの現状」スライド19より

※3 PETボトルリサイクル推進協議会のデータは「年度」、日本容器包装リサイクル協会のデータは「暦年」

※4 データの出所は、※1と同じ。表の作成は筆者。
ウェブサイトはいずれも2018年5月15日確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です