グラフは語る22 日本のプラごみ輸出2019データに更新

日本のプラごみ輸出どうなった?

 グラフ語るその8で紹介した日本のプラごみ輸出のグラフを更新しました。2019年12月末までのデータを反映させました。
 中国への輸出分を黄色(PETボトルのみオレンジ)で表し、中国以外への輸出を青色(PETボトルのみ水色)で表現しました。中国には香港、マカオを含んでいます。
 2018年以降、中国への輸出分が大きく減り、それ以外の国への輸出が増加していることがおわかりいただけると思います。
 プラごみ全体の輸出量を見ると、2019年の海外へのプラごみ輸出量約90万トン。2017年と比べると約50万トン減っています。しかし、この90万トンという数字は、日本の年間プラスチックごみ全体の約1割。まだまだ多いと思います。かつ、その相当量が、プラスチック海洋流出の多い途上国に輸出されています。

反映させました。
 中国への輸出分を黄色(PETボトルのみオレンジ)で表し、中国以外への輸出を青色(PETボトルのみ水色)で表現しました。中国には香港、マカオを含んでいます。
 2018年以降、中国への輸出分大きく減り、それ以外の国への輸出が増加していることがおわかりいただけると思います。
 プラごみ全体の全体の輸出量を見ると、2019年の海外へのプラごみ輸出量約90万トン。2017年と比べると約50万トン減っています。しかし、この90万トンという数字は、日本の年間プラスチックごみ全体の約1割。まだまだ多いと思います。かつ、その相当量が、プラスチック海洋流出の多い途上国に輸出されています。

グラフを使いたい人は…

 このグラフ、本当にたいへんな手間をかけて作りました。総務省の貿易統計には、輸出プラは品番のみ、輸出先の国・地域もコードのみ記載されています。また「量」と「金額」の両方が記載されていて、「量」のみ拾い出して品種、国・地域ごとに整理しました。次回の堀ブログで内訳を公開します。
 ごみ問題等の学習会にこのグラフを使いたい人は、使っていただいて結構です。その場合、必ず、作成者堀にご連絡ください。

データ出典
財務省貿易統計 普通貿易統計
品別国別表 輸出財務省貿易統計 普通貿易統計品別国別表 輸出 よりhttp://www.customs.go.jp/toukei/info/tsdl.htm
2020年2月11日確認 作図 堀 孝弘

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です